【報告】学際融合教育研究推進シンポジウム開催速報


 本シンポジウムでは、この「融合」や「連携」について様々な観点から改めて考える場であり、京都大学における様々な実践的取り組みの紹介を通して、「融合」や「連携」の具現化についても話し合いました。 また、発足後1年が経過した学際融合教育研究推進センターの更なる実体化に向けて、本シンポジウムでは当センターの新しいビジョンの他、融合推進に向けた新たなアクションプランを紹介しました。

拡大

松本総長の講演風景

 

 

 

■日時:    2011年6月14日(火)13:00~17:00

■場所:    芝蘭会館(稲盛ホール)

■参加対象:  本学教職員、一般等  140名

 

司会進行:小寺 秀俊(京都大学総長室長)

13:00 開会挨拶:余田 成男(京都大学学際融合教育研究推進センター長)

13:05 基調講演: 今、大学に求められる融合・連携とは~総合大学としてのダイナミズム~

           松本 紘(京都大学総長)

(総長講演主旨):環境・エネルギー問題に代表されるように、今、我々人類が直面している課題は極めて複合的であり、単独の専門領域のみでは決して対応できません。その一方で、学問の領域は過度な細分化が進んでいる。これに対するためにも、総合大学として様々な領域の融合が必要であり、かつ、そのような学問を俯瞰的に理解し取り扱える人材の育成が大事である。

 

13:35 学際融合教育研究推進センターのアクションプラン 余田成男(京都大学学際融合教育研究推進センター長)

(講演主旨):学際融合教育研究推進センターはその「学際融合教育研究の推進」という目標に従い,各ユニットや部署が有する学内の融合領域教育研究分野に関する様々な情報をポータルサイト的に把握、集積、管理する。この「知識と知恵」を共有化するネットワークを構築し、学内連携を進め、様々な融合領域の教育・研究プロジェクトを創発する。同時に、大学が一つの組織としてより機能的、効率的に運営することに貢献する。

 

13:50 ユニットの教育研究活動の紹介、学術創生・人材育成の展望

       生命科学系キャリアパス形成ユニット

       先端医工学研究ユニット

       極端気象適応社会教育ユニット

       統合複雑系科学国際研究ユニット

       計算科学ユニット

       グリーン・イノベーションマネジメント教育ユニット

       次世代低炭素ナノデバイス創製ハブ

       日本-エジプト連携教育研究ユニット

       心の先端研究ユニット

       地域生存学総合実践研究ユニット

       生理化学研究ユニット

       次世代開拓研究ユニット

       生存基盤科学研究ユニット

15:35 パネルディスカッション: 京都大学における学際融合への期待

      コーディネーター 余田 成男

      パネリスト:德永  保(文部科学省国立教育政策研究所長)

             清木 孝悦(日本学術振興会理事)

             忽那 武範(稲盛財団事務局長)

             淡路 敏之(京都大学理事・副学長)

             辻本 雅史(京都大学教育学研究科長)

             小森  悟(京都大学工学研究科長)

 

拡大

パネルディスカッションの様子

16:55 閉会挨拶:江﨑 信芳(京都大学理事・副学長)