H24.10.5アメリカンフォーラム「アメリカのグリーン・イノベーション教育」を開催します


イベント概要

  • 日時:10月5日(金)午後1時30分~3時00分 逐次通訳付き
  • テーマ:アメリカンフォーラム『アメリカのグリーン・ノベーション教育』
  • ゲスト講師:ジム・ポース氏/Mr. Jim Poss バブソン大学MBAコース
    非常勤講師、ビッグベリーソーラー社創業者兼社長
  • 場所:京都大学 吉田キャンパス 総合研究2号館 3F マルチメディア講義室
  • 対象:京都大学学生・院生
  • 共催: 1) 京都大学学際融合教育研究推進センター(C-PIER) グリーン・イノベーションマネジメント教育ユニット
        2) アメリカ総領事館

プログラム概要

日本では東日本大震災により露呈したエネルギー問題の克服、被災地の復興に向け、グリーンイノベーションの一層の強化が重要な課題とされています。本講演では、アメリカにおけるグリーンイノベーション教育に焦点をあて、環境問題に取り組む大学と地域との連携、また起業家人材育成法について考察していきます。

講師にお迎えするジム・ポース氏は、起業家教育に特化した大学でアントレプレナーシップの分野において世界的に高い評価を得ているバブソン大学のMBAプログラムで教鞭に立つ傍ら、自身、発明家・起業家としてビッグベリー・ソーラー社を創業し、経営している。当社が生み出す革新的なエコ商品は、これまで全米各州で、また世界30カ国以上で導入されている。世界経済フォーラム(World Economic Forum)は、世界の優秀なテクノロジー系スタートアップから、ポース氏をテクノロジー・パイオニアと名づけて紹介した。起業家としてのポース氏自身の経験を踏まえ、環境問題解決とビジネスとの両立を成功へと導く秘訣と「ステップ」についても、お話頂く予定です。奮ってご参加ください。