年間10以上の大学が視察にくる京大学際センターが東京で企画!

成功裏に無事終了!参加者51名、ライブ視聴63名 多謝!

異分野融合がすでにバズワード化していると気づいている人は少なくないだろう。この世に融合していない分野などないのだから、異分野融合を語るのは学問を語るのと同値! その観点にたてば、異分野融合を叫ぶこと自体、今、学問がその「本来の姿」を失われているということなのだ。それに一石を投じるべくはじめた『学術分野の比較大調査 それ何?』。今回、その中間結果を発表するとともに どんな結果でてるの?、「巷でいう”異分野融合”が進まない理由をあーだこーだ言う暇があるなら、とっとと異分野融合すればいい! その意義と楽しみを味わうことこそが何より大事なんだ」という考えのもと、京都大学で毎月定例開催している異分野交流会を東京で堂々開催します!

 

 

日 時: 2016年12月16日(金)

場 所: 品川コクヨ東京ショールーム(品川駅から徒歩5分)アクセス

対 象: 研究者、大学関係者(公的機関含む)、関心ある企業の方

参加費: 無料 (終了後の異分野交流会1000円)

参加数: 先着50名 (当日、WEBにてライブ配信も(申し込み制))

 

 

15:00 開場(オープニングとしての参加者交流カフェ)

      フランクな雰囲気でこの時間に集まった参加者同士が交流

      その後、班に分かれて着席

 

16:00 シンポジウム開始(司会:学際センター 宮野公樹 准教授)

      開会挨拶:中村佳正 教授(学際センター長)学際センターの簡単な紹介も兼ねて

 

16:10 「学術分野の比較大調査」の説明と実践

      演題: 異分野融合とは何か? 宮野准教授(学際センター)

     

16:20 異分野融合の体験ワークショップ

      ・各自簡単な質問に答えて、それをもとにわいわいディスカッション

      ・基本全員「さん」づけで。職階、職種関係なし!

 

16:50 いよいよお待たせ!「学術分野の比較大調査」の中間結果報告

      今井晨介(京大院人環修士2回生)、尾上洋介 特任助教(政策のための科学ユニット)

 

17:10 グループディスカッション(今日の感想、振り返り)

      +各班の発表

 

18:00 本日の感想と学際センターへの期待

      ・JSPS 安西祐一郎 理事長

      ・JST-CRDS 有本建男 フェロー

      ・文科省 土屋定之 顧問(前事務次官)

      ・構想日本 加藤秀樹 代表

 

18:20 閉会挨拶と今後の流れ

 

18:30 夜の異分野交流会!(任意参加)

      〜毎月京大でやっている異分野交流会をそのまま東京に持ってきたった!〜

      一人1000円(ドリンク、ビール、乾き物)

 

20:00 完全終了

 

 

 

 

シンポジウム参加申し込み & 異分野交流会参加申し込み & WEBライブ視聴申し込み

(満席御礼! 締め切りました!2016/12/09 ライブ試聴のみ可能です!)

LIVE中継は、Twitter #cpier_k にて!

 

 

主催:京都大学学際融合教育研究推進センター

 

問い合わせ: http://www.cpier.kyoto-u.ac.jp/inquiry/