インフラシステムマネジメント研究拠点ユニット

ユニット長:白土 博通(工学研究科・教授)

関連部局名

工学研究科、防災研究所、経営管理研究部

ユニットの趣旨・概要

我が国の高速道路・橋梁・トンネルなど公共構築物の多くは、高度経済成長期に建設され、高経年化による劣化が深刻な問題となっています。現在、社会インフラの維持管理・更新のコストは年間約8兆円ですが、今後急激に増大し、2030年までには倍増すると予想されます。
一方、人口減少時代を迎えた我が国では、今後十分なインフラ維持管理・更新投資が見込めず、さらに豊富な経験と知識、優れた技能を有する技術者が減少していくものと予想されています。
このように限られた財源と人材のもと、膨大なインフラの維持管理に対処するためには、対象インフラの「選別」、「点検・モニタリング」、「評価(劣化状況の定量的把握)」、「補修・補強・更新」そして、これらを合理的にマネジメントできる統合的なインフラシステム分野の学理構築が必要といえます。
そこで、劣化インフラのマクロ的リスク評価の学理を探求している研究機関「防災研究所」、文理融合を掲げ、インフラアセットマネジメントを探求する「経営管理研究部(経営管理大学院)」、そしてインフラ材料・構造物の劣化メカニズム、点検/モニタリング、補修補強材に関する我が国屈指の教育・研究機関「工学研究科(社会基盤工学専攻)」が一体となり「インフラシステムマネジメント研究拠点ユニット」を形成し、インフラ防災、劣化メカニズム、センシング、補修補強・更新、マネジメントに関わる統合的な学理構築のため研究活動を行います。一方で本拠点ではCOI、NEDOプロジェクト、SIPで構築している学外研究協力機関(物質材料研究機構、土木研究所、農村工学研究所、情報通信研究機構、北大、東大、名大、九大など)や本分野に秀でた海外研究機関と積極的に共働体制を組織し、これらの研究機関のユニット構成員(研究員)も配置する予定です。さらに、若手研究者の育成にも努め、国内外にインフラシステムが総合的にマネジメントできる人材を供給できる拠点としての役割も担います。

ユニットの構成組織・活動

構成員リスト

部局 職名 氏名
工学研究科 教授(ユニット長) 白土 博通
工学研究科 特定教授(副ユニット長) 塩谷 智基
工学研究科 教授(工学研究科長) 北村 隆行
防災研究所 教授(防災研究所長) 中川 一
経営管理研究部 教授(経営管理研究部長) 若林 靖永
工学研究科 教授 高橋 良和
工学研究科 准教授 山本 貴士
防災研究所 教授 澤田 純男
防災研究所 准教授 倉田 真宏
経営管理研究部 教授 河野 広隆
経営管理研究部 教授 戸田 圭一
経営管理研究部 准教授 金 広文
工学研究科 特定准教授 西田 孝弘
工学研究科 特定准教授 麻植 久史
工学研究科 特定講師 橋本 勝文

インフラシステムマネジメント研究拠点ユニット

特任教授

宮川 豊章

インフラシステムマネジメント研究拠点ユニット

特任教授

大津 政康

インフラシステムマネジメント研究拠点ユニット 特任教授 松岡 俊文
インフラシステムマネジメント研究拠点ユニット 特任准教授 小林 義和
インフラシステムマネジメント研究拠点ユニット 特任准教授 内藤 公喜
インフラシステムマネジメント研究拠点ユニット 特任助教 渡部 一雄
インフラシステムマネジメント研究拠点ユニット 特任助教 小椋 紀彦
インフラシステムマネジメント研究拠点ユニット 特任助教 奥出 信博