ヒマラヤ研究ユニット

http://hs.kyoto-bhutan.org/

ユニット長:湯本貴和(霊長類研究所長)

関連部局名

霊長類研究所、野生動物研究センター、東南アジア研究所、こころの未来研究セン ター、経済研究所、防災研究所、教育学研究科、アジア・アフリカ地域研究研究科、 地球環境学堂、工学研究科、理学研究科、農学研究科、医学研究科<調整中>

ユニットの趣旨・概要

京都大学は「探検大学」と呼ばれるほど、世界各地で初登頂や初調査をおこなってきた。とくにヒマラヤ地域での学術登山活動は他に類例がない。1955年の木原均・今西錦司らによるカラコルム踏査では、コムギの祖先種の発見があり、カラコルム4大氷河のトラバースという偉業を成し遂げた。翌1956年には京大学士山岳会AACKが計画し日本山岳会に委譲したマナスル登山隊が、マナスル(8156m)の初登頂に成功し、京大工学部の卒業生である今西壽雄が栄えある初登頂者になった。本年2016年はマナスル登頂60周年であり、国民の祝日「山の日」の発足にあたる。続く1958年には、①今西錦司と伊谷純一郎のアフリカ初探検、②西堀栄三郎の南極初越冬、③桑原武夫のチョゴリザ初登頂という3つの大事業が成功した。その一方で、梅棹忠夫の文明の生態史観につながる東南アジア調査、川喜田二郎の西北ネパール、中尾佐助のブータンという若手研究者の個人調査が行われた。こうした一連の研究により、木原(遺伝学)、今西(霊長類学)、桑原(フランス文学)、梅棹(民族学)は、いずれも後年に文化勲章を受章している。こうした野外研究の「京都学派」と呼べる学問の系譜があって、理工医農だけでなく教育などの研究科での研究をはじめ、東南アジア研究所、霊長類研究所、アジア・アフリカ地域研究研究科、野生動物研究センターといった他大学にはないユニークな教育研究組織が誕生している。さらに1985年のブータン・マサコン峰初登頂(堀了平医学部教授)、チベット・ナムナニ峰初登頂を経て、1989年に京都大学ヒマラヤ研究会ASHが組織された。1989-1990年には、ムズターグアタ峰とシシャパンマ峰(戸部隆吉医学部教授・病院長)に遠征隊を送って登頂に成功するとともに、低酸素環境下の医学研究を推進し、「ヒマラヤ学誌」を創設して四半世紀が経過した。その成果に対して秩父宮記念学術賞が授与された。ヒマラヤ学はさらに「フィールド医学」、「野生動物学」という、京都大学フィールド・サイエンスの新しい研究分野の創出につながっている。直近の活動としては、ヒマラヤの小国ブータンを対象に、京大ブータン友好プログラムを2010年10月から始めた。過去5年半、霊長類研究所が中心となって多数の部局の連携のもと、順調に成果を積み重ねてきた。派遣は15隊、のべ200余名の教職員学生がブータンに渡航した。また京大病院では総計78名の医師・看護師・職員をブータンに派遣している。「ブータンといえば京大、京大といえばブータン」という評価を確実なものとしている。

そこでプログラムを継続発展させて京大のユニット組織とし、活動を恒常的に支援して、「ヒマラヤという第3の極地」を対象にしたユニークな教育研究施設の設置を目指したい。

 

ユニット構成員リスト(ユニット設立時)

 

湯本貴和、霊長類研究所、教授、ユニット代表者

幸島司郎、野生動物研究センター、教授、ユニット副代表者

松沢哲郎、霊長類研究所、教授

高井正成、霊長類研究所、教授

川本芳、霊長類研究所、准教授

早川卓史、霊長類研究所、特定助教

伊谷原一、野生動物研究センター、教授

平田聡、野生動物研究センター、教授

山本真也、野生動物研究センター、特任准教授

松林公蔵、東南アジア研究所、教授

清水展、東南アジア研究所、教授

安藤和雄、東南アジア研究所、准教授

藤澤道子、東南アジア研究所、連携准教授

奥宮清人、東南アジア研究所、連携准教授

坂本龍太、白眉プロジェクト、特定助教

吉川左紀子、こころの未来研究センター、教授

内田由紀子、こころの未来研究センター、特定准教授

熊谷誠慈、こころの未来研究センター、特定准教授

中嶋智之、経済研究所、教授

橋本学、防災研究所、教授

松岡雅雄、ウイルス研究所、教授

深町加津枝、地球環境学堂、准教授

竹田晋也、アジア・アフリカ地域研究研究科、教授

中務真人、理学研究科、教授

木村泰久、農学研究科、助教

吹田啓一郎、工学研究科、教授

西平直、教育学研究科、教授

明和政子、教育学研究科、教授

杉本均、教育学研究科、教授