レジリエンス実践ユニット

http://trans.kuciv.kyoto-u.ac.jp/resilience/

ユニット長:藤井 聡(工学研究科・教授)

関連部局名

工学研究科、人間環境学研究科、防災研究所
 

ユニットの趣旨・概要

  

 東日本大震災やリーマンショックによる経済危機を経験した今、わたし たちの社会に最も求められているものは、巨大自然災害や世界的経済金融 危機などの様々な「危機」に対する「レジリエンス」(resilience、強靱さ) を如何にして確保するのか、という一点である。この「レジリエンス」と は、社会を一個の有機体と見なした時に、その有機体が如何なる危機に直 面しても維持し続けられる、弾力性ある「しなやかさ」を言うものである。 すなわち、様々な外力が加わっても、致命傷を受けることなく、被害を最 小化し、迅速な回復を果たす、その社会の力こそが、レジリエンスである。 この力なくして我が国は、首都直下型地震や東海・南海・東南海地震、富 士山の噴火、あるいは、新たな世界恐慌やパンデミック、各種のテロ攻撃 を被った時に、その存続そのものが危ぶまれる事態となってしまう。

 

 こうした認識から、2011 年度からの五か年、「レジリエンス研究ユニッ ト」を設置し、多面的な研究を推進してきた。そしてその研究成果として、 シンポジウム開催、学術論文、書籍(和書・洋書)のみならず、それを踏 まえた政策提言によって内閣にレジリエンスに関する推進室と大臣が設 置されると同時に、国会ではそれを推進する基本法が設置されるなど、学 術的な成果を中心として様々な実務的成果がもたらされた。

ただし、レジリエンスの普及推進という次元においては、未だ様々な課 題が残されており、学からの政府・自治体支援、産学連携の推進など、基 礎研究から、実践を軸とした実務的展開研究が重要な局面を迎えている。

ついては、これまでの五か年のレジリエンス「研究」ユニットの成果を、 より国政と地方政府、国家全体と地域社会、行政と社会といったあらゆる 領域に敷衍するための「レジリエンス『実践』ユニット」をここに設置した次第である。

 

 なお、こうした実践研究の展開にあたっては、防災インフラというハー ドな側面を考える工学的要素と、レジリエンスある社会のあり方を考える 人文社会科学的要素の融合が不可欠である。ついては、ハード的側面を検 討してきた工学研究科と、文理融合研究を進めてきた人間・環境学研究科 との連携を図る。そして、防災研究を推進してきた防災研究所との連携は、 レジリエンスの実践的展開において必要不可欠である。

 

 本研究ユニットは、巨大地震や世界恐慌などの様々な危機をも乗り越え うる「強靱な社会」をつくりあげるための基礎研究を踏まえ、実際にそう した「強靭な社会」を作り上げる実践研究を執り行うものである。

 

ユニット構成員リスト (ユニット設置時)

 

藤井聡(工学研究科、教授)

柴山桂太(人間・環境学研究科・準教授)

谷口栄一(工学研究科、教授)

清野純史(工学研究科、教授)

神田祐介(工学研究科、准教授)

宮川愛由(工学研究科、准教授)

矢守克也(防災研究所、教授)

 

<学外協力者>

久米 功一(名古屋商科大学経済学部、准教授)

小池淳司(神戸大学大学院工学研究科、教授)

菊池 英博(日本金融財政研究所・所長)

宍戸駿太郎(筑波大学・名誉教授)

 

<学外協力機関>

国土交通省(および、国土技術総合研究所、(社)近畿建設協会等)、経済産業省