社会科学統合研究教育ユニット

ユニット長:矢野 誠(経済研究所・教授)

関連部局名

経済研究所、東南アジア研究所、文学研究科、法学研究科

ユニットの趣旨・概要

わが国における社会科学分野におけるデータは分散的に所蔵されており、欧米のみならずアジア諸国に大きく遅れをとっているのが現状です。本事業は、ユニットを設置することにより、現存するデータや現在構築されているデータを広く社会に提供し、学際的な社会科学を根付かせるため、分野横断的社会科学ネットワークWeb of Hopes を構築することを目的としています。 とくに近年のデータベースでは、同一家計を追跡調査する大規模パネルデータを構築し、個人や企業行動の諸変数を観察することにより、エビデンス・ベース制度設計・政策提言・評価のPDCAサイクルを実現します。その際に「市場の質理論」を核におき、経済学を中心に法学、政治学、アジア地域研究、社会学などの研究機関が結集し、真の豊かさを支える社会インフラの在り方を提示し、新しい経済理論、新しい社会科学分野の国際的確立を目指しています。
本ユニットは文部科学省の大型研究「ロードマップ2014年」に申請している「危機後を支える社会インフラと真の豊かさを実現するエビデンス・ベース・ポリシー研究と社会科学データ 網構築の連携拠点」に対応したものであり、既存の社会科学におけるデータ整備を行い、大規模なパネルデータを蓄積している学外他機関の支援もまた視野におさめています。

 

 

ユニットの構成

構成員リスト
部局 職名 氏名
経済研究所 教授 矢野 誠
経済研究所 教授 溝端 佐登史
経済研究所 特定准教授 小松原 崇史
文学研究科 教授 落合 恵美子
法学研究科 教授 川濵 昇
東南アジア研究所 教授 三重野 文晴