統合複雑系科学国際研究ユニット

http://www.kier.kyoto-u.ac.jp/ICSS/

ユニット長:吉村 一良

関連部局

化学研究所、基礎物理学研究所、経済研究所、数理解析研究所、医学研究科、経済学研究科、工学研究科、理学研究科、高等教育研究開発推進機構、総合博物館、生態学研究センター

ユニットの趣旨・概要

「統合複雑系科学国際研究ユニット」は、既存の人文・社会科学系学問分野と自然科学系学問分野にとらわれない部局横断的かつ国際的な連携を図るなかで、複雑化・多様化する諸問題の解決を目的として2010年4月に設置された。複雑系科学の基礎研究を始めとし、複雑で多様な要素がネットワークを構成することによって創発される時間・空間秩序の解析やモデル化、あるいは自然・物理現象、環境、社会システムの自己組織化、意識、人間行動の創発現象などの研究を学内外との協力体制のもとで行う。また、統合領域の学問の開拓を目指し、分野横断的な学際研究として、経済学、数学、物理学、計算機科学から、工学、認知科学までの最先端研究を包括する新たな統合複雑系科学の構築をめざす。

本ユニットの特徴の一つに世界中の有力な大学の複雑系研究者を網羅する研究ネットワークを構築し、特に州立カリフォルニア大学複雑系研究所(ICAM)やサンタフェ研究所との京都大学側窓口として機能していることがあげられる。

研究者の交流、ポスドクの派遣・受入

海外との連携を強化、実質化するために、海外の複雑系研究機関との間で、以下の研究活動を行う。

 

  1. 研究者の、相互交流と共同研究
  2. ポスドク、大学院生の相互交流
  3. ユニットメンバーによるシンポジウムの開催
  4. 京都大学、ICAM、サンタフェ研究所、海外の研究機関との間での国際共同シンポジウムの開催
  5. 教育・人材育成の推進および相互支援
  6. 研究施設、設備、資源の相互利用

Santa Fe研究所Sabloff所長がユニットを訪問(2010年12月3日)

会談している写真

ユニットの構成

組織図

組織図

 

 

ユニットの活動状況

International & Interdisciplinary Workshop

International & Interdisciplinary Workshop on Novel Phenomena in Integrated Complex Sciences: from Non-living to Living Systems

2010年10月11日(月)-14日(木) コープイン京都

拡大

パンフレット

集合写真

集合写真

公開シンポジウム“統合複雑系科学への招待”

2010年8月5日(木) 京都大学理学研究科セミナーハウス

拡大

パンフレット

パンフレット

公開シンポジウム“統合複雑系科学への招待”の様子

写真:公開シンポジウム“統合複雑系科学への招待”の様子