地域連携教育研究推進ユニット

ユニット長:高見 茂 (理事補・教育学研究科・教授)

関連部局名

工学研究科、経済研究所、経営管理大学院、教育学研究科

ユニットの趣旨・概要

わが国を含む先進国においては、途上国の新たな人、物、金の流れによって、人間の可能性を育んで来た職場・家庭の弱体化、流動化、空洞化を招来する可能性がある。こうした現象は、わが国全体のマクロレベルに限定されるものではない。厳しい財政事情、資源制約下にあるミクロレベルの地方自治体においても、地域住民の「生存」の保障は極めて重要な政策課題になるものと思われる。ゆえに、人類の生存基盤について幅広く研究するディシプリンである「生存学」に基づく戦略構想の構築は、地域社会にとっても喫緊の課題である。京都地域においても、近年人口減・高齢化の進展に伴い、地域社会の「生存」を脅かす様々なリスクが顕在化し始めている。したがって、京都に相応しい地域主権改革の仕組や都市づくり、産業構造の転換、環境保全、豊かな伝統文化・芸術資源の継承と新たな創生、それらを支える人材育成等に関して地域と住民の「生存」を保障する長期ビジョンの策定が求められている。本ユニットはこうした地域課題に応答し、地元京都のまちづくりの計画策定・推進の中核センターとしての役割を担う。

ユニットの構成

構成員リスト
部局 職名 氏名
教育学研究科 教授 高見 茂
工学研究科 教授 藤井 聡
地域連携教育研究推進ユニット 特任教授 一方井誠治
経営管理大学院 教授 若林直樹
教育学研究科 教授 鈴木晶子
地域連携室 特任教授 宮川博司

地域連携教育研究推進ユニット 人員配当図

図:地域連携教育研究推進ユニット 人員配当図

ユニットの活動状況等

地域連携教育研究推進ユニット 組織図

図:地域連携教育研究推進ユニット 組織図