グローバル生存学大学院連携ユニット

http://gss-sv01.gss.sals.kyoto-u.ac.jp/ja.html

ユニット長:塩谷 雅人 (生存圏研究所・教授)

関連部局名

教育学研究科、経済学研究科、理学研究科、医学研究科、工学研究科、農学研究科、アジア・アフリカ地域研究研究科、情報学研究科、地球環境学堂・学舎、防災研究所、生存圏研究所、東南アジア研究所

ユニットの趣旨・概要

現代の地球社会では、巨大自然災害、突発的人為災害・事故、環境劣化・感染症などの地域環境変動、食料安全保障、といった危険事象や社会不安がますます拡大しています。総合大学である京都大学の9研究科と3研究所が協力することで、「グローバル生存学」という新たな学際領域を開拓し、社会の安全安心に寄与するため、多様な専門分野を俯瞰し、創造的に諸課題の解決にあたる人材、コミュニケーション力と国際性を備えたグローバルに活躍する人材を養成します。
学内外の卓越した教員・研究者・指導者との対話や産官学の協働を含むカリキュラムを実践し、大学院レベルにおいて世界で初めて安全安心教育を取り扱う質の保証された学位プログラムを確立します。

ユニットの構成

イラスト:ユニットの概要