森里海連環学教育ユニット

http://fserc.kyoto-u.ac.jp/cohho

ユニット長:朝倉 彰

関連部局名

農学研究科、地球環境学堂・学舎、人間・環境学研究科、フィールド科学教育研究センター

ユニットの趣旨・概要

平成24年4月に、京都大学学際融合教育研究推進センターに、京都大学農学研究科、地球環境学堂・学舎、人間・環境学研究科、フィールド科学教育研究センターが共同で森里海連環学教育ユニットを設立しました。このユニットは、(公財)日本財団との共同事業として、森里海連環学に基づく環境管理手法の構築とその人材育成を目的として、作られたものです。

平成25年度から京都大学大学院生を対象とした森里海連環学教育プログラムを開講し、森・里・海および統合的な環境管理と政策について学び、森里海連環学に基づく持続可能で自然との共生を行う世界を作ることを国際的な舞台で実行できる優秀な人材を育成することを目指しています。このプログラムは、5年間実施される予定です。

ユニットの構成

ユニットの組織・運営体制

構成員リスト

教育研究部門

総合生態系管理学領域
山下 洋 フィールド科学教育研究センター・教授
横山 壽 ユニット特定教授
Eduard Lavergne ユニット特定講師
流域環境ガバナンス領域
柴田昌三 地球環境学堂・教授
吉岡崇仁 フィールド科学教育研究センター・教授
星野 敏 地球環境学堂・教授
清水夏樹 ユニット特定准教授
沿岸管理政策学領域
浅野耕太 人間・環境学研究科・教授
吉積巳貴 ユニット特定准教授

協力教員

農学研究科23名、地球環境学舎17名、人間・環境学研究科3名

ユニットの活動状況等

「森里海連環学教育プロブラム」は、森里海連環学教育ユニットによって提供される流域・沿岸域の統合管理を学ぶための学際融合教育プログラムです。平成25年度から5年間、すべての京都大学の大学院生を対象として、森里海連環学を修め国際的に活躍する人材を育成するために開講されます。

本プログラムでは、そうした学際的・異分野融合的領域を有機的に結合した幅広い講義を用意しています。講義は、必修科目として「流域・沿岸域統合管理学」と「森里海国際貢献学」を行い、森を中心とした講義を約7科目、海を中心とした講義を約8科目、里を中心とした講義を約11科目、総合的な視点からの講義を約10科目、提供します。その他に、インターンシップとして、国内外の国際関係機関などの現場で研修を受けることも推奨しています。講義は原則として英語で行われます。また、英語での受講を補うための英語スキルアップ講座も実施します。現在の日本の環境問題に危機感や関心を持ち、自分で貢献できることを探そうと考えている大学院生にとっては、この教育プログラムは必ず有用なものとなります。

この教育プログラムを修了(14単位相当以上の取得)すれば、ユニットから森里海連環学教育プログラム修了証が授与されますので、大学院修了後のキャリアにも役立ちます。この教育プログラムは、国際的に活躍するための高レベルな内容となっておりますが、円滑に履修できるようにインターンシップ補助金、国際学会発表補助金、外国人留学生奨学金の助成がありますので、あわせて活用してください。