構造材料元素戦略研究拠点ユニット

http://esism.kyoto-u.ac.jp

ユニット長:田中 功 (工学研究科・教授)

関連部局名

工学研究科、エネルギー科学研究科、福井謙一記念研究センター

ユニットの趣旨・概要

 構造材料にとって、まず「強さ」と「ねばさ」を両立させることが、本質的に重要です。変形への抵抗である「強さ」(強度)は部材の小型化・軽量化を可能とし、破壊への抵抗である「ねばさ」(延性,靱性)は、部材の信頼性を向上させます。しかしながら、一般に「強さ」と「ねばさ」は、トレードオフの関係にあります。強いものは脆く、ねばいものは弱い.この固定概念を打破し、「強さ」と「ねばさ」を具備する「究極の特性」へのブレーク・スルーを、希少元素の添加によるのではなく、電子,原子のスケールからマイクロメートルに及ぶ組織制御によって達成すること。そのために構造材料のフロンティアを、電子論と最先端の計測技法という新しいツールを駆使して開拓すること。これらの課題に真摯に取り組むために、本ユニットは2012年6月から、文部科学省元素戦略プロジェクト<研究拠点形成型>の予算を受けて活動しております。
 本拠点のミッションは、徹底的な基礎研究を通して、学問の深化や新しい概念の構築に貢献すること。その成果の産業応用への展開に貢献すること。そして、わが国の持続的発展のために、次世代を担う強力な若手人材を育成することの3点です。これらを達成するには、拠点メンバーの努力だけでなく、広く社会との意見交換、情報交換、そして国内外との人的交流が不可欠だと考えております。皆様のご理解とご支援、そして忌憚のないご意見を期待しております。

ユニットの構成

ユニットの組織・運営体制

組織図