高大接続科学教育ユニット
対話を根幹とした自学自習に基づき優れた教育研究資源を積極的に活用した研鑽を通じ主体的に科学を究めようとする高校生の育成を目的として、京都大学グローバルサイエンスキャンパス「科学体系と創造性がクロスする知的卓越人材育成プログラム(略称 ELCAS)」を行っています。
インフラシステムマネジメント研究拠点ユニット
今後の人口減少に伴い予想される限られた財源と人材のもと、膨大なインフラの維持管理に対処するために、インフラ防災、劣化メカニズム、センシング、補修・補強・更新、マネジメントに関わる統合的な学理構築のための研究を行っています。
社会科学統合研究教育ユニット
現在構築されているデータを広く社会に提供し、学際的な社会科学を根付かせる為、分野横断的社会科学ネットワーク Web of Hope を構築することを目的としています。真の豊かさを支える社会インフラのあり方を提示し、新しい経済理論、社会科学分野の国際的確立を目指します。
Future Earth 研究推進ユニット
Future Earth(以下 FE) に関する情報の共有を促進し学際的なプロジェクト立案に向けたディスカッションの場を提供することで、主体的にFE に参画することを目指す。地球規模課題に挑む国際的プロジェクトを担う次世代研究者育成に貢献します。
極端気象適応
社会教育ユニット
極端な気象変動による人間、社会への影響に対する適応策を的確に導き出せる人材を育成するために、様々な分野の研究者が協力して理工融合・文理融合の教育カリキュラムを提供しています。
統合複雑系
科学国際研究ユニット
世界の様々な社会問題を複雑系科学という観点から解明するために、経済学、数学、物理学、計算機科学から、工学、認知科学までの最先端研究を包括する新たな統合複雑系科学の構築を目指し研究を行っています。
計算科学ユニット
計算科学分野の「横」の連携と計算科学と計算機科学をつなぐ「縦」の連携を同時に実現するため、同様の研究テーマを持つ異分野の計算科学研究者や情報系の研究者等による研究及び研究者の人材育成を行っています。
ナノテクノロジーハブ拠点
炭素社会の実現に必要不可欠なナノテクノロジーの発展のため、各種基板材料・薄膜材料等ナノマクロ加工できる装置環境を様々な分野の研究者に提供し、産業界への技術移転や低炭素化を実現する応用研究を行っています。
日本-エジプト連携教育
研究ユニット
JICA及び国内11大学と連携して、エジプト日本科学技術大学(E-JUST)への支援拠点として、アフリカ・中東における教育研究に貢献するため、工学系分野を皮切りに講義の出講や教員・学生交流等を行っています。
心の先端研究ユニット
現代社会が抱える多様な心の問題の解決を目指し、心の先端研究のための連携拠点(WISH)の中核として、物理的・社会的環境との相互作用による心のはたらきを解明するための学際的・先端的な研究を行っています。
地域連携教育研究推進ユニット
様々な学術分野の研究リソースを活用して「生存学」の観点から京都における環境保全、地域教育、地域産業振興、文化継承等に関する「京のまちづくり」に関するビジョンの策定に資する研究を行っていきます。
生理化学研究ユニット
生理化学という観点から機能性食品及び医薬品の新たなシーズを創出するため、環境負荷の低い発酵化合物に関する研究を行うとともに、食品・化学・製薬企業で活躍できる実践的研究人材を育成します。
政策のための科学ユニット
科学技術イノベーション政策の研究を基盤として、学問諸分野間ならびに学問と政策・社会の間を“つなぐ”ことを通じて政策形成に寄与できる人材の育成、あるいは新しい学問を開拓していくことを目指しています。
グローバル生存学大学院連携ユニット
巨大自然災害、人為災害事故、地域環境変動、食料安全保障などの諸問題を解決するために「グローバル生存学」という新たな学際領域を開拓し、社会の安全安心に寄与できるグローバル人材の養成を大学院連携組織で行っています。
森里海連環学教育ユニット
森と川と海のつながりが無くなっていることが環境問題を引き起こしている。人間がどのように自然との関わりを持つべきか、文理融合で問題解決を目指し、国際的に活躍する人材を育成する。25年度から大学院生対象の教育プログラムを開始する。
実験と理論計算科学のインタープレイによる触媒・電池元素戦略研究拠点ユニット
界面現象を含む複雑・複合系の電子論的解明と理論・計算科学先導による新規機能材料開発という新学問領域の開拓、希少金属フリーの触媒と電池の開発という国家的課題の解決に向けて、学内外多数の研究者による共同研究を推進しています。
構造材料元素戦略研究拠点ユニット
安心・安全な社会を支えている構造材料において、希少元素の添加に頼ることなく、特性向上のブレーク・スルーを達成すべく、学問の深化や新しい概念の構築、成果の産業応用への展開、若手人材の育成を行っています。
アジア研究教育ユニット
京都大学のもつアジア・日本研究のリソースを統合し、アジア諸国をはじめ海外の大学とつくるコンソーシアムと連携しながら、世界最高峰のアジア研究拠点を形成する。併せて国際連携大学院プログラムを開設するとともに、現代アジア研究の国際共通基盤構築を進める。
スマートエネルギーマネジメント 研究ユニット
環境・エネルギー分野と情報通信・処理分野の技術的融合を図るとともに、社会 ・経済学的視点を付加したスマートエネルギーマネジメントに関する学際的研究 開発および社会展開を推進する。
人間の安全保障開発連携教育ユニット
「人間の安全保障」開発を目指した日アセアン双方向人材育成プログラムの構築』を効果的に実施するため,ASEAN University Network
(AUN)とコンソーシアムを形成し,「人間の安全保障」開発を先導して実践する人材育成を目指します。
健康長寿社会の総合医療開発ユニット
健康長寿社会の需要に応えることのできる、医療と福祉の統合した総合医療システムを、多様な研究分野の知識技術を活用して創出する。優れた研究環境の中で、産官学の連携により次世代の総合医療開発を牽引する若手人材を育成する。
デザイン学ユニット
5年一貫の博士課程教育リーディングプログラム「デザイン学大学院連携プログラム」の実施母体です。本プログラムでは、異なる分野の専門家と協働し て「社会のシステムやアーキテクチャ」をデザインできる博士人材を育成します。
宇宙総合学研究ユニット
理工系から人文社会系に渡る幅広い領域で宇宙に関係した京都大学の研究者が集まり、学際的、総合的な新しい宇宙研究の開拓を推進するとともに、教育プログラム「宇宙学」を展開し、国際的な舞台で宇宙研究を牽引できる人材を育成しています。