コンテスト概要

概要

研究者として本当におもしろい!と思うこと、そして、本当に知りたい!と思うことは、
時に「論文」という形式や「学会」という枠にはおさまりきらないことがある・・・。
昨今、学問の細分化が叫ばれて久しい。しかしそういった中でも学術分野間の壁などもろともせず、
この世を構成しうる体系の本性をつき、前例にとらわれない大胆な研究構想(思想)を描く。
たったA3一枚の概念図(いわゆるポンチ絵)でその極みを表現し、
分野を超えた研究者どうしの知的探究の対話場をここに開催します。

企画趣旨

研究者らが分野の壁を越えて研究テーマをぶつけ磨き合う研鑽の機会創出をねらいとし、チームで応募する賞金コンテスト型の研究奨励事業。
(主催:京都大学 学際融合教育研究推進センター)

募集対象

  1. 京都大学の研究者からなる「分野融合チーム」として応募
  2. チームの構成は異なる分野の研究者からなり、最低2名とする
  3. なお、本学研究者を代表とし、学生・院生や学外者(他大学、企業、行政問わず)を含めたチーム編成も可
  4. ただし、同一人物がチームメンバーに連なるのは2つのチームまでとする

注)申請相談窓口やチームメンバーを募集するサポートも実施。詳しくは「募集・審査スケジュール」の項目にて

提出書類

一次審査は概念図(いわゆるポンチ絵)のみの書面審査。
様式は、「A3サイズ」「横型」で「1枚」。

一次審査では申請者情報(名前、身分、所属組織)を伝えないようにするため、ポンチ絵内には申請者情報は書かないこと。
ただし、チームメンバーの分野の記述は記載OK。

専門外にも伝わることを念頭におくこと。また、研究構造(論理展開や課題—解決方法の相関等のこと)が“一つの図”として描かれた概念図の企画書、いわゆる“ポンチ絵”として記載すること。
(ポンチ絵は研究ポスター発表に近いが、それよりもより表現の自由度が高く、インフォグラフィックに近いものとする。一次審査通過チームに対してはキュレーターによるポンチ絵作成支援も実施。)

なお、「実施計画」、および「業績や実績」に関しては記載不要(「なにをやるか?」よりむしろ「なぜやるか?」に重点を)

評価方法

「物事の核心を突いている。ゆえにおもしろい」、かどうか。
異分野融合をそれほどアピールしなくて結構です。それは応募における基本ラインのことなので。

以下、これまでの審査員のコメントより特徴的な感想を抜粋

  • ニッチなテーマで結構ですが、枝葉レベルでのニッチもあれば、幹レベルのニッチもあります。つまり、細かく狭いテーマであっても、そこにとどまることはなく、普遍や本質に通じていくニッチでないと意義は少ないでしょう。
  • 記載は盛り込みすぎないで。できるだけシャープに!テーマを記載する上で必要があれば実績や業績を書いてもいいですが、それは評価対象にはなりません。
  • 学問的なものでなくても実践的、プロジェクト的な提案内容でもOKです。ただ、その場合も上記の評価基準に則り、物事の本質を突いているかどうかにこだわってください。例えば「・・・の解決のために、本プロジェクトを提案する」といった場合、その課題の解決においてその実施内容はほんとうにその解決に資するのですか? 対処療法的じゃなく問題の核心を突いてますか?
  • 科研費にだせるような内容では話にならない。評価軸も科研費とおなじように思ってもらっては困る。その枠を超えたところでのエッジーな提案を待つ。
  • 「自分たちをわかってください」といった感じは弱い。自分たちの善をまず疑い、そこから改めて真なる善を再構築した思想を語れ。「私たちが信じるのは、こういう世だ。それに従い、こう実践したい(している)」という告白にも似たテーマ提案を。

以下、一次審査不採択の方からのメールでよくある感想です。

いやあー 完敗です。完全にやられました。甘く見ていました。気の利いたコンセプトをだせばそれでいけると思っていましたが全然ぬるい考えでした。今思えばコンセプトも荒かったし、提案内容そのものもぼわっとしたもので何かわからないものでした。
盛り込みすぎで練り切れていなかった・・・

一次審査(書面審査)

申請者情報を審査員に掲示しない覆面審査とする。
書面審査には、非公開の審査委員会を編成(審査委員には、本学教員を中心とした信頼おける研究者、ならびに技術者、起業家、行政、クリエーターらを含む)
書面審査の結果は、各審査委員の言葉をそのまま伝え、遠慮の無い真のフィードバックを申請者に与えるとする
書面審査における獲得点数の合計や分布を踏まえた総合評価により一次審査通過者を決定し、その一次審査通過チームに対して、最終審査(コンテスト本番)を行う

コンテスト本番(最終審査会)

一次審査通過チームに対しては約二ヶ月をかけてキュレーターが研究アイデアおよび表現方法(ポンチ絵デザインなど)等の改善を支援し、コンテストにむけてポンチ絵をブラッシュアップし、この作業もまた研鑽の場として、一次審査通過チームへの特典という位置づけとする(少なくとも一度はキュレーターと直接打ちあわせを実施。その後、必要に応じて打ち合わせを実施)

コンテスト本番は、一枚のポンチ絵を使って各発表者5分程度の“弾丸プレゼン”を実施。質疑応答タイムはなし
その後、いわゆるポスター発表会場形式にて、審査員ならびに他の応募チームとのフリーディスカッションを実施(審査会を兼ねる)
コンテスト本番の審査員には山極総長を始め学内から4名、産業界有識者等学外から4名程度を予定

表彰・副賞

  • ● 最優秀賞1組 研究奨励支援金 100万円
  • ● 優秀賞1組 研究奨励支援金   50万円
  • ● 奨励賞2組 研究奨励支援金   20万円
  • ● 総長賞1組 研究奨励支援金   50万円

研究奨励支援金は経済界で活躍する本学卒業生からなる「京都大学鼎会」の資金援助による
(各賞については「該当無し」となる場合や金額が変更になる場合あり)
詳細な報告書等の提出は不要
また、受賞後はフォローアップも行うことする

募集期間

募集期間 5月9日 ~ 7月29日

募集・審査スケジュール

5月、6月

5月9日(月)  公募開始

応募したいが他分野の研究者に知り合いがいない、京都大学の研究者とチームを組んで応募したい、
という研究者むけに別途「チームメンバー募集」のマッチングサイト開設
また応募に関する 事前相談にも対応
(キュレーターが直接面談し、申請したい内容等について応募前の議論が可能)

異分野同士でミーティングをするために何かガイドがあればいいのにな・・・という声から生まれました!
これを読めば対話のコツだけでなく、本コンテストの思想がよく分かる!(はず)。

「はじめての異分野合同プロジェクト」ガイドブックはこちら

5月20日(金)  事業説明会&受賞経験者によるプレゼン、応募希望者マッチング交流会

17:30~吉田キャンパス国際イノベ棟 にて
事業説明会&受賞経験者によるプレゼン、応募希望者マッチング交流会の詳細はこちら!

5月31日(火)、6月28日(火)  マッチング交流会(@分野横断交流会)

「コンテスト応募をねらった様々な研究者たちのマッチング交流会」開催
場所は京大吉田キャンパス内を予定。
マッチング交流会(@分野横断交流会)の詳細はこちら!

7月

7月29日(金)正午  公募締め切り

締め切りまでに申請は特設サイトよりPDFファイルを送付

8月31日(水)  一次審査通過チーム発表

一次審査通過チーム発表(12件程度を予定)その後、ブラッシュアップ期間
(研究内容、プレゼン指導等について少なくとも一度は直接キュレーターと打ちあわせを実施。その後、必要に応じて)
一次審査通過チームには、他のチームの研究タイトル一覧を送付
それを受けての研究タイトル、および、内容の変更可とする

10月

11月1日(火)  コンテスト本番(最終審査会)

一次審査通過チームがプレゼンテーションおよび審査員とのフリーディスカッション(ポスター発表形式)。
審査の後、表彰式

応募方法

締め切り日までに、特設ウェブサイトページを通じてポンチ絵データ(PDFファイル)を送信
その際、応募データ(タイトル、氏名、所属、応募部門、チーム構成、分野など)も合わせて記載

送信はチームの代表者(京都大学所属研究者)が実施すること
(京都大学所属であることの証明の為、登録にはkyoto-u.ac.jp が含まれたメアドを使用すること)

応募登録フォームはこちら

昨年度のコンテスト情報

昨年度の応募者情報

  • 教授10%、准教授33%、講師10%、助教30%、研究員17%
    (学生,院生は本学教職員を代表者とするチームメンバーとして応募可)
  • 最終審査への書面審査通過倍率 約3倍

受賞者らの感想

  • 使途の制約のほぼない研究支援金は大変うれしい
  • 科研費や競争的資金のようなまとまることを前提とした提案ではなく、本当に自分が面白いと思い、面白いよねと言い合える仲間との出会いをもとに、どんどん可能性を追求できた
  • 書面審査での本音ベースの評価はとてもありがたかった
  • 書面審査通過後、数回にわたるキュレーターとの直接議論は、まさに研鑽の場だった。一番成長できた
  • チーム内の議論は試行錯誤の連続でしたが、異分野の人たちがどのような問題意識をもっているのかを知る、とてもよい機会だった
  • 研究の最も基本的なアイデアについて他人の意見が貰え、それを洗練させることが出来る点が一番の価値だった
  • 普段の研究活動では、ある程度細分化したところを出発点として、その分野の専門家にアピールすることを目的として進めてきた。しかし、コンテスト参加を通して、よりメタな視点で物事を捉えることの重要性に改めて気づくことが出来た
  • 真の意味で研鑽の場でした。僕は自分なりにプレゼンも資料作りも得意だと思っていました。着眼点もユニークで本質をとらえているつもりでした。このような、自称「京大教員の平均レベルを超えてる僕」が研鑽させてもらえる場はたいへん貴重でした
  • 研究に対する自分のスタンスを再確認するよい機会になりました。単にポストがあったから京大にいる、というだけではなく、現在進行形で研究を志していることを自ら楽しんでいると思えました
  • 肩書きや業績やコネではなく、アイデアとプレゼン力だけでたたかえるところが一番の魅力だと思います。そして、正当に評価してくださる審査員のみなさまの存在、研鑽のためのすぐれたアイデアをいただけるところも、ふだんの研究費申請とはまったくちがう素晴らしさだと思います
  • 最終発表会は人を蹴落としてあがっていくのではなく、皆で楽しむという雰囲気は京大ならでは
  • 普遍であること、身近な生活を変える可能性、普通の科研費ではおそらく採択されないけど面白い、の3つの印象を受けた発表が多かったようにおもいます

受賞者らのその後

  • デジタルコンテンツの資金にし、広く公開するにいたった!
  • 話し言葉から言語能力を測定するソフトを開発,プロトタイプが2015年度総会で展示される運び!
  • 三重県熊野市で2棟の実験ハウスを建設予定!
  • バイトを雇用し予備実験を重ねている。学会だけでなくギャラリーでも研究紹介できた!
  • 研究者らがあつまってレンタカーをかりて実施調査をした!
  • 調査に必要なプロトタイプを作り、フィールドでの計測実験に必要な寝泊まりの費用に!
  • コンテストで知り合った別のチームと国際会議の立ち上げに!

これまでのタイトル、ポンチ絵はこちら

お問合わせ・FAQ

問い合わせは、当サイト「HOME」の「問い合わせ」アイコンをクリック。
または、下記HPより。
http://www.cpier.kyoto-u.ac.jp/inquiry/

なお、今後、最新情報などは当サイトの「HOME」お知らせ情報 にて順次掲載。

Page Top